「あいち戦国武将Lab」

お 礼

加藤清正公を大河ドラマに愛知 会長

■豊国神社 宮司 近藤一夫

皆さまにご協力賜わり、9月22日(木・祝)盛大かつ厳かに狂言鑑賞会を開催することができました。
愛知出身の武将達が愛した伝統芸能・狂言を通し、子供たちの成長、郷土愛そしてまちおこし、復興への愛、と繋がっていくと確信できるすばらしい鑑賞会となりましたこと、ここにご報告いたしますとともに感謝の意とさせていただきます。
貴重なお時間をいただきお越しくださいました方がた、ご尽力いただきました方がた、皆々様に、心より感謝いたしております。ありがとうございました。



ご挨拶いただきました。

■熊本城加藤神社 名誉宮司 湯田栄弘 様

中世に成立した日本の古典喜劇が狂言で、能と一括して能楽と言われているが、ご祭神『加藤清正公』も、能は金春流であり、能楽については、毎年正月16 日城門を開き、領民に能を公開し、鑑賞させられたほどの武将であることから、きっと「加藤清正公を大河ドラマに愛知」の方々の特選能楽鑑賞会の開催を殊の 外お喜びのことと思います。
此の度 特別に創作された狂言の上演ということで、清正公のふるさとからの祈りで、熊本地震の復旧・復興がなされることを祈りつつ・・・・・・

■能楽師狂言方 井上松次郎 様

『あいち戦国武将ラボ』の開催、心よりお慶び申し上げます。
先般とある情報番組に接し、「横浜・京都・神戸など主要政令八都市の中で訪れたい観光地は?」とのアンケート結果を紹介、名古屋はダントツの最下位と発表されていました。
食文化にしても歴史的遺産にしても、決して東西に見劣りしているとは思いたくはありませんがこれが現実。
その知名度・認知度、中でも魅力の発信にはこれまで乏しかった事が伺えます。
尾張徳川藩に由来する我々狂言をはじめ古典芸能の新たな興味として、やまかわさとみ氏の創作狂言がその一端となり武将文化を身近に感じていただければと願いつつ、懸命に勤めさせていただきます。

■能楽師狂言方 佐藤友彦 様

清正が築城に関わった新都名古屋のある日、桜天神の境内で、当時評判となっていた出雲の阿国、名古屋山三が清正に招かれ、華やかな舞台が繰り広げられました。
今回の狂言会もまさに清正公の招致によるものです。
清正様、ありがとうございます。

子役オーデション

於:中村文化小劇場

■あいち戦国武将Lab 子役オーデション 平成28年5月15日(日)

5月15日(日)中村文化小劇場にて、狂言「冥加さらえ」に出演する子役のオーデションを行いました。狂言師・井上松次郎さんの進行により15名が合格となりました。9月22日(木・祝)名古屋能楽堂での本番に向け、これから厳しい稽古が待っています。素晴らしい舞台になるよう、みんな一緒にがんばりましょう!

狂言「冥加さらえ」稽古

於:稽古場

■狂言「冥加さらえ」子方稽古初日 平成28年5月26日(木)

5月26日(木)、狂言「冥加さらえ」子方稽古の初日でした。オーデションに合格した子どもたちは、緊張感を見せながらも元気よく稽古に励んでいました。名古屋能楽堂の晴れの舞台に向けて出発です!。

■狂言「冥加さらえ」子方稽古2回目 平成28年6月9日(木)

6月9日(木)第二回稽古が行われました。どの子どもたちも楽しみながら真剣に取り組んでいます。他の子どもの練習をみるのも練習。真剣なまなざしがまぶしいです。

■狂言「冥加さらえ」子方稽古3回目 平成28年6月30日(木)

6月30日(木)第三回稽古が行われました。いよいよ登場シーンの稽古に入りました。2回目までと比べると、声の大きさが全然違います。みんな大きな声が出せるようになってきました。

■狂言「冥加さらえ」子方稽古4回目 平成28年7月7日(木)

7月7日(木)第四回稽古が行われました。子どもたちは元気いっぱい!今回も全員が参加してくれました。振付、動作もどんどん増えていき、稽古の進行スピードも上がってきました。これから本格的に暑くなるので体調に気をつけ、無事にゴールを目指しましょう!

■狂言「冥加さらえ」子方稽古5回目 平成28年7月21日(木)

7月21日(木)第五回稽古が行われました。夏休みに入って最初の稽古。舞台上の動きなど、本格的な内容になってきました。先生の佐藤友彦さんよりも子どもたちの方が台詞を覚えているという状況に、思わず笑みがこぼれました。この調子で稽古を重ねていきましょう!

■狂言「冥加さらえ」子方稽古6回目 平成28年8月4日(木)

8月4日(木)第六回稽古が行われました。河童の親分(河童太郎)も稽古に加わり、一気に通し稽古っぽくなりました。舞台上での動きも加わり、いよいよ子どもたちも狂言役者と同等の、本格的な演技が求められるようになっていきます。しっかり復習して、次の稽古に備えてくださいね!

■狂言「冥加さらえ」子方稽古7回目 平成28年8月25日(木)

8月25日(木)第七回稽古が行われました。今回は能楽師狂言方の井上松次郎氏、野村又三郎氏、鹿島俊裕氏にもご参加いただき、会場を中村公園記念館に移し行いました。廊下を橋がかりに見立て、より本番に近い形での稽古。指導も厳しくなってきたのが見ていてわかります。稽古終了後は当日の衣装を着て、パンフレット用の写真撮影も行いました。9月に入ると稽古の回数がぐっと増えます。体調に気をつけて、最後までがんばりましょう!

■狂言「冥加さらえ」子方稽古8回目 平成28年9月1日(木)

9月1日(木)第八回稽古が行われました。中村文化小劇場のステージを名古屋能楽堂の舞台と同じ大きさに仕切り、より本番に近い形での稽古となりました。これまでとは違い、動作も声も大きくしないと会場内に伝わらないことを子どもたちも実感したと思います。次回の稽古は2日後の9月3日。今日習ったことをしっかり復習して臨みましょう!

■その他の情報■


★8月27日(土) 近藤会長、野口理事が、河村市長を取り巻く会合に参加しました★
市長のご親族の方々にもチケットをご購入いただけましたし、今後の展開もいろいろお話しさせていただきました。









名古屋市文化振興事業団チケットガイドへお電話かメールでお申込みください。
◆電話予約◆
 名古屋市文化振興事業団チケットガイドまでお電話ください。
 TEL 052-249-9387 (平日 9:00~17:00)

◆メール予約◆
名古屋市文化振興事業団HPのメールフォームまたは ticket@bunka758.or.jp まで下記内容を記入して送信してください。
  1. 公演名・日時・席種・枚数 
  2. お名前(友の会会員の方は会員番号)
  3. 電話番号
  4. ご住所
  5. チケットの引取り方法(ご来店 または ご郵送)
なお、名古屋市文化振興事業団の各施設、名古屋能楽堂、豊國神社でもチケットが購入できますのでご利用ください。